準備中

 NEDOのプロジェクトにおいて、首都高技術(株)、産業技術総合研究所および東北大学は、表面に汚れや傷がある状態でも、幅0.2㎜以上のコンクリートひび割れを、80%以上の高精度で検出するAIシステムを開発しました。


NEDOインフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト(2014年度~2018年度)

道路構造物ひび割れモニタリングシステムの研究開発(2014年度~2018年度)


 この成果を実際に点検に携わる事業者様を対象にWeb上で無料公開し、検出精度や作業効率などの有効性を検証を経て、一層の性能向上を目指します。


ひび割れ検出Webサービスを一時中止します。

画像でないデータへの対応を厳密に行うため、改修作業を行っています。

再開時期は本ページにてお知らせいたします。